COMPARISON

不動産投資の
クラウドファンディングを比較

一口1万円など、手軽に始められ、人気が集まっている「不動産投資クラウドファンディング」。入りやすさ=投資資金が低いものから順にご紹介します。必ず利益を得られるお約束をするものではありませんので参考にしてください。

必要資金

0

※ポイント利用

Rimple

Rimple
引用元:Rimple
https://funding.propertyagent.co.jp/

プロパティエージェントが2020年2月に開始したばかりの、クレジットカードなどのポイントを連携させれば不動産クラウドファンディングに出資できるという国内初のサービス。
不動産投資の入り口としてもよし、使い道のないポイントを眠らせておくくらいなら、投資するのは有効な手でしょう。現在使えるのは「セゾン永久不滅ポイント」のみですが、順次使用可能ポイントが増えていくとのこと。

Rimple
引用元:Rimple
https://funding.propertyagent.co.jp/

必要資金

1万円~

CREAL(クリアル)

CREAL(クリアル)
引用元:CREAL
https://creal.jp/

累計調達額が20億円を超える、大手不動産投資クラウドファンディング(2019年1月HP情報)。中古のワンルームが中心ですが、中にはホテルなどのファンドもあり、ホテルの優待が付いてくるなど、付加価値も。

CREAL(クリアル)
引用元:CREAL
https://creal.jp/

必要資金

1万円~

Ownersbook
(オーナーズブック)

Ownersbook(オーナーズブック)
引用元:Ownersbook
https://www.ownersbook.jp/

東京証券取引所マザーズ市場に上場しているロードスターキャピタル株式会社が運営しています。
累計案件数は2019年末で117件を超え、中には「瞬殺」の人気案件もあります。

Ownersbook(オーナーズブック)
引用元:Ownersbook
https://www.ownersbook.jp/

必要資金

1万円~

FANTAS funding
(ファンタスファンディング)

FANTAS funding(ファンタスファンディング)
引用元:FANTAS funding
https://www.fantas-funding.com/

中古マンションや、空き家をリノベーションし入居者を募集する空き家再生でファンドを募っています。予定利回りは8~10%と高め設定。

FANTAS funding(ファンタスファンディング)
引用元:FANTAS funding
https://www.fantas-funding.com/

必要資金

1万円~

RENOSY ASSETクラウド
ファンディング

RENOSY ASSETクラウドファンディング
引用元:RENOSY ASSETクラウドファンディング
https://www.renosy.com/funding

運営会社は、AIを活用した不動産投資で伸びている中古マンション投資の「GAテクノロジーズ」。案件は抽選なので、投資できるかは運しだい。

RENOSY ASSETクラウドファンディング
引用元:RENOSY ASSETクラウドファンディング
https://www.renosy.com/funding

必要資金

1万円~

TATERU Funding
(タテルファンディング)

TATERU Funding(タテルファンディング)のキャプチャ
引用元:TATERU Funding(タテルファンディング)
https://www.tateru-funding.jp/
※TATERU Funding(タテルファンディング)は
2020年1月31日にサービスを終了しています

短期案件をメインとしており、1万円から投資できます。長期運用と比べてリスクが低く、継続的に出資できるでしょう。また、出資案件は途中解約や譲渡も可能。途中解約時の手数料も発生しないなど、他社には無いメリットがたくさんあります。2015年12月に東証一部に上場した企業が運営しており、不動産投資型クラウドファンディングが初めての人でも安心です。

TATERU Funding(タテルファンディング)のキャプチャ
引用元:TATERU Funding(タテルファンディング)
https://www.tateru-funding.jp/

必要資金

1万円~

Lucky Bank(ラッキーバンク)

Lucky Bank(ラッキーバンク)
引用元:Lucky Bank
https://www.lucky-bank.jp/

東京など都心部の人口が多い立地でのオフィスビルを中心に扱っており、2020年2月時点での累計調達金額は110億円を突破している企業です。全ての案件に不動産担保を設定しているので、貸し倒れが発生しても投資家が損失を被る金額を抑えられるでしょう。投資利回りは年6~10%。他の業者と比較して高い利回りを誇っており、保安性が非常に高いのも嬉しいポイントです。

Lucky Bank(ラッキーバンク)
引用元:Lucky Bank
https://www.lucky-bank.jp/

必要資金

1万円~

ガイアファンディング

ガイアファンディング
引用元:ガイアファンディング
https://www.gaiafunding.jp/

アメリカの不動産開発会社の管理を行っている会社で、ファンド募集については業界大手の「maneo(マネオ)」に委託しています。2015年7月10日のリリース以来、8億円以上の成立ローンを誇るソーシャルレンディングです。アメリカの不動産を中心に取り扱っていますが、全ての案件に不動産担保が付いているので投資家のリスクに対する保証もしっかりしているでしょう。

ガイアファンディング
引用元:ガイアファンディング
https://www.gaiafunding.jp/

必要資金

1万円~

SYLA FUNDING(シーラファンディング)

SYLA FUNDING(シーラファンディング)
引用元:SYLA FUNDING(シーラファンディング)
https://www.syla-funding.jp/

売上200億円を超える株式会社シーラホールディングスが運営。都内にある自社開発のマンションを中心に物件を扱っています。投資者の決定は抽選方式を採用しており、誰にでも投資のチャンスがあるのが特徴です。また、劣後出資比率の高さは業界トップクラスを誇り、不動産の価格が30%下落しても、投資家の元本は守られます。初心者も安心して利用できる業者でしょう。

SYLA FUNDING(シーラファンディング)
引用元:SYLA FUNDING(シーラファンディング)
https://www.syla-funding.jp/

必要資金

2万円~

LCレンディング

LCレンディングキャプチャのキャプチャ
引用元:LCレンディング
https://www.lclending.jp/

2015年にサービスを開始し、急速な成長で注目を集めている会社です。同じようにソーシャルレンディングを行う大手老舗企業マネオと業務提携おり、非常に高い安心感と信頼感を誇ります。また、親会社は上場企業であるロジコムグループのため、スムーズな運用が行えるだけでなく、リスクの最小化や万全のフォローが期待できるでしょう。

LCレンディングキャプチャのキャプチャ
引用元:LCレンディング
https://www.lclending.jp/

必要資金

2万円~

アメリカンファンディング

アメリカンファンディングは2019年4月16日に募集を停止して以降、再開をしていません。そのため投資していた人たちも撤退傾向にあるようです。

テキサス州やカリフォルニア州といった、不動産分野の成長率が高いエリアを中心とした不動産案件を取り扱っています。商品は全件不動産担保付きで、業界最高水準の年利回りが特徴です。また、投資対象を分散することでリスクを低くしているため、比較的安全な運用ができるでしょう。海外の物件に投資出来るので、高利回りな投資をしたい人におすすめです。

アメリカンファンディングは2019年4月16日に募集を停止して以降、再開をしていません。そのため投資していた人たちも撤退傾向にあるようです。

必要資金

2万円~

LENDEX(レンデックス)

LENDEX(レンデックス)
引用元:LENDEX
https://lendex.jp/

大手「東急リバブル」が査定した、都内を中心にマンションや一戸建てを扱っています。会社としての信頼性は高いのですが、投資物件の透明性は低いのが難点。

LENDEX(レンデックス)
引用元:LENDEX
https://lendex.jp/

必要資金

5万円~

クラウドリアルティ

クラウドリアルティ
引用元:クラウドリアルティ
https://www.crowd-realty.com/

国内外の物件が購入できるクラウドリアルティ。国内では、オフィスや、京都を中心とした民宿や地域再生プロジェクトを手掛けています。

クラウドリアルティ
引用元:クラウドリアルティ
https://www.crowd-realty.com/

必要資金

6万円~

Jointo α
(ジョイントアルファ)

Jointo α(ジョイントアルファ)
引用元:Jointo α
https://jointocrowd.jp/

主に地方の物件を対象としており、西日本を中心に展開している分譲マンションや宿泊施設に投資できます。

Jointo α(ジョイントアルファ)
引用元:Jointo α
https://jointocrowd.jp/

必要資金

10万円~

X-Crowd
(エックスクラウド)

X-Crowd(エックスクラウド)
引用元:X-Crowd
https://x-crowd.jp/

中古マンションをリノベーションした物件を扱う。令和元年10月よりスタートしたばかりの、新しいサービス。

X-Crowd(エックスクラウド)
引用元:X-Crowd
https://jointocrowd.jp/

必要資金

50万円~

bitREALTY
(ビットリアルティ)

bitREALTY(ビットリアルティ)
引用元:bitREALTY
https://www.bit-realty.com/

不動産の専門家による目利きに裏付けされた高度な不動産マネジメントと、高品質で魅力のある物件を扱っています。

bitREALTY(ビットリアルティ)
引用元:bitREALTY
https://www.bit-realty.com/

必要資金

50万円~

一口家主iAsset

一口家主iAsset
引用元:bitREALTY
https://www.iasset.tokyo/

新築マンション投資大手のクレアスライフが運営。都内のマンションやワンルームマンションを中心に扱っています。

一口家主iAsset
引用元:bitREALTY
https://www.iasset.tokyo/
COMPARISON 少額からできる!
不動産投資クラウドファンディング4選
クレカのポイントで投資ができる
Rimple
必要資金
0※ポイント利用
ホテルのファンドでお得に泊まれる
CREAL(クリアル)
必要資金
1万円~
瞬殺の人気案件も多数
Ownersbook
必要資金
1万円~
予定利回り約8~10%!
FANTAS funding
必要資金
1万円~