不動産投資型クラウドファンディングとは

近年注目を集めている「不動産投資型クラウドファンディング」について、その仕組みやメリット・デメリット、ソーシャルレンディングとの違いなどを紹介しています。

不動産投資型クラウドファンディングって?

不動産投資型クラウドファンディングは、インターネットなどを介して個人投資家から資金を募り、集まったお金を利用して不動産の取得や運営を行う仕組みのこと。得られた成果を各投資家に配分し、投資家たちも利益を得られるという投資商材の1つです。物件の詳細は公開されているため、投資家は自身で物件の詳細情報を確認し、投資先を吟味することもできます。

また、一般的な不動産投資で発生する修繕や入居者管理など、面倒な業務やコストはクラウドファンディングの事業者に委託可能。そのため手軽に始められる不動産投資として、近年注目を集めています。

不動産投資型クラウドファンディングのメリット・デメリット

不動産投資型クラウドファンディングには、メリットがあればデメリットやリスクも存在します。投資を始める前に、どのようなメリット・デメリットがあるのかを確認しておきましょう。

不動産投資型クラウドファンディングのメリット

少額で参加できる

不動産投資クラウドファンディングは、基本的に最低投資金額を1万円としていることが多く、なかにはもっと低額から始められる不動産投資型クラウドファンディングもあります。従来の現物不動産投資では、物件の購入費用やリフォーム費用などで多額の費用が発生しますが、一方で不動産投資クラウドファンディングは、投資可能な資産が限られているものの手軽に始められる投資方法です。よって、毎月の給与から生活費など差し引き、残金を投資に使うなど無理のない投資ができます。

また、不動産投資クラウドファンディングには出資額に応じたリターンもあり、どのような投資額でもリターンを受け取れます。そのため、不動産投資に興味があるミレニアム世代におすすめです。

運用の手間がかからない

株式投資やFX投資の場合は市場の動向に影響されるため、常に値動きをチェックしなければなりません。チェックをサボったり、仕事などで目を離したりすると、そのあいだに大変動が起き、大損してしまうという可能性も考えられます。一方で不動産投資クラウドファンディングは、物件を選び指定された口座に入金すれば、その後は分配金や配当金を待つだけです。よって、市場の動きに影響されることなく、仕事や家事で忙しい人でも簡単に投資ができます。

また、金利は毎月分配型であることがほとんどで、定期預金のように安定した資産運用が向いている日本人にピッタリな投資方法でもあります。今まで時間が無くて資産運用ができなかった人も、気軽に投資に参加できるでしょう。

不動産の取得・運営はプロに任せられる

現物不動産投資は、物件の購入やリフォームなどの作業を自身で行わなければなりません。管理運営会社に任せるという方法もありますが、この場合は運営費用が発生します。そのため、運用を始める前からかなりの費用が必要になってしまいます。

一方で不動産クラウドファンディングは、事業者が直接購入・運用を行ってくれます。また、売却も行ってくれるため、お金の貸し借りは一切発生しません。不動産運営における時間と手間のかかるタスクは事業者側が担うため、不動産投資を始めるための手間コストを削減できます。

効率的にお金を増やせる

事業者が間に入るため利回りは低いと思われがちな不動産投資型クラウドファンディングですが、実際の案件利回りは4.5%~8.0%となっていることが多く、これは一般的な不動産投資と比較しても決して低い数字ではありません。区分マンション投資の場合は5.0%の利回りでも十分だと言われていますし、高い利回りを設定している不動産はほとんどありません。

不動産投資型クラウドファンディングは、運用の手間もかからず収益性も悪くない魅力的な投資方法です。

不動産投資型クラウドファンディングのデメリット

元本割れのリスクがある

不動産相場が一気に暴落した場合、投資開始時と比較して評価額が半分以下になる可能性があります。そのため、投資を行うときは、常に元本割れのリスクを頭に入れておく必要がああります。少ない投資額からスタートできるというメリットを活かして、複数の物件に分散投資をしておくのがリスク回避のポイントです。

利回り上昇が少ない

不動産投資型クラウドファンディングの利回りは、投資をスタートする前から提示されています。利益は運用益・売却益から捻出されるため、予想を大きく上回る額で売却できない限り、あらかじめ提示されている利回りを上回ることないでしょう。

さらに、想定通りに売却できるとも限らないため、利回りを下回る可能性も否めません。そのため、基本的には当初の数字以上の利回りを得るのは難しいと捉えておくのが重要です。

案件がないと利益は出ない

案件を提供する会社が倒産したりサービスを停止してしまった場合、投資家は利益を生み出すことができなくなります。不動産投資型クラウドファンディングは、案件を提供してくれる会社があってこその投資方法です。

また、案件はあっても条件の良い案件がなければ、望み通りの利益は生まれないでしょう。そのため、会社側の都合や投資タイミングに左右されやすいものでもあります。

ソーシャルレンディングとの違い

情報の公開量

不動産投資型クラウドファンディングは案件となる不動産について、所在地や家賃をはじめとした幅広い情報を公開しています。一方でソーシャルレンディングは、貸金業法における借り手の匿名化が義務付けられているため、借り手企業や担保に関して、ごく少ない情報しか公開されません。

2019年に借り手の匿名化は不要となりましたが、依然として公開される情報は少なく、投資家としては投資先の情報が不透明だと感じてしまいやすいでしょう。

担保の有無

不動産投資型クラウドファンディングはあくまでも投資のため、担保はありません。万が一芳しくなく損失が出た場合、穴埋めをする手立てはないといって過言ではありません。

その反面ソーシャルレンディングは貸金業なので、ほとんどの案件で担保が設定されます。借り手が返済不能になってしまっても、担保を処分すれば元本を回収できるので安心です。

途中解約・途中解約の可否

不動産投資型クラウドファンディングは、運用期間中であっても好きなタイミングで解約可能です。ただし、会社によって条件があるため、きちんと確認しておく必要があります。とはいえ、ソーシャルレンディングは運用期間が終わるまで途中解約ができないため、それと比べるとかなり融通が利くと言えるでしょう。

また、不動産投資型クラウドファンディングには、不動産投資型クラウドファンディング劣後出資などの投資家保護システムが導入されています。一方でソーシャルレンディングには、投資家保護の仕組みが一切ないのが懸念点です。

COMPARISON 少額からできる!
不動産投資クラウドファンディング4選
クレカのポイントで投資ができる
Rimple
必要資金
0※ポイント利用
ホテルのファンドでお得に泊まれる
CREAL(クリアル)
必要資金
1万円~
瞬殺の人気案件も多数
Ownersbook
必要資金
1万円~
予定利回り約8~10%!
FANTAS funding
必要資金
1万円~