TATERU Funding(タテルファンディング)

少額不動産投資のサービスとして上り調子だったTATERUですが、350の融資資料改ざん問題があり、2019年6月28日に国土交通省より業務停止命令を受けました。その後の対応が注目されましたが、2012年12月12日に、「2020年1月31日を持って当サービスを終了することといたします」という告知をしております。

以下に、サービスを提供していたときの情報を掲載しておきます。

TATERU Funding
(タテルファンディング)の
基礎情報

TATERU Funding(タテルファンディング)キャプチャ
       
引用元:TATERU FUNDING https://www.tateru-funding.jp/
  • 投資案件の種類:都内のマンション、戸建て中心
  • 最低投資金額:1万円~
  • 累計案件数:数はわかりませんが、今までの累計調達額は38億円以上との記載があります
  • 予定利回り:約4.5%ほど
  • 予定運用期間:約3ヶ月~5ヶ月ほど
  • 手数料:振込手数料が必要

情報は2019年9月時点のものです。

TATERU以外の
不動産投資
クラウドファンディングを
チェック!

TATERU Funding
(タテルファンディング)が
扱う物件

運営は2015年12月に東証一部に上場した「株式会社TATERU」が行っており、直近の業績は売上高670億円・利益70億円と、好調でした。

元はアパート事業を本業としており、2016年4月に不動産投資型クラウドファンディング市場へ参入。都内のマンションや戸建てを中心に物件を扱っています。

TATERU Funding
(タテルファンディング)の特徴

短期案件を中心に、
1万円から投資可能

1万円から参入可能で、扱っている商品は全て短期のものばかり。短期のメリットは何かというと、長期運用だとどうしても価格下落のリスクが発生します。それを短期にすることでそのリスクを軽減、投資家の安全性を保持し、継続的に出資できるようにしています。その分、ほか不動産小口化商品の利回りより低めになっていますが、気軽に始めやすい商品となっています。

途中解約や譲渡ができる

TATERU FUNDING(タテルファンディング)の他にはない特徴として、出資案件の途中解約や譲渡ができます。途中解約にかかる手数料も発生しませんので、自分のタイミングで返還を受けられるのは嬉しいポイント。

またTATERU FUNDINGの会員同士で権利を売却して譲渡することも可能です。

一部上場企業運営、リスクの軽減など、不動産投資型クラウドファンディングを検討している初心者の方にはオススメといえます。

TATERU Funding
(タテルファンディング)の評判

不動産投資
クラウドファンディングを
最低投資額順に
ランキング!

COMPARISON 少額からできる!
不動産投資クラウドファンディング4選
クレカのポイントで投資ができる
Rimple
必要資金
0※ポイント利用
ホテルのファンドでお得に泊まれる
CREAL(クリアル)
必要資金
1万円~
瞬殺の人気案件も多数
Ownersbook
必要資金
1万円~
予定利回り約8~10%!
FANTAS funding
必要資金
1万円~