青山メインランド

青山メインランド公式サイトキャプチャ
引用元:青山メインランド公式サイト http://www.aml.co.jp/investment/preview/

青山メインランドの評判

青山メインランドのセミナーの評判

セミナーの定期開催がない青山メインランド。そのため、資産運用EXPOの小さいセミナーブースが満員+立ち見もありという人気ぶりでした。

参加者は40~50代の男性が多かったです。配布資料はなしという、潔いセミナーでした。内容は、「不動産投資の4大メリット」「5つの鉄則」。中でも「節税」に関する警鐘を強く語っていました。

参照元:サラリーマンの不動産投資はワンルームマンションしかおすすめできない https://www.realestate-investadvice.net/seminar/newlybuilt-seminar.html#aoyamaより一部抜粋

週末に開催している青山メインランド主催の無料セミナーに参加しました。参加人数は10名前後で、若い方から年配の方まで幅広い年齢層が参加していた印象です。

講義では、不動産投資の基本的な流れやメリットから、自社の強みのほか、エリアや物件を選ぶときの注意点などの解説を受けました。全般的に初心者向けの内容が多かったので、人によっては物足りないかもしれませんが、他社との違いがよくわかったのでおおむね満足です。

終了後は任意参加での個別面談があり、こちらの状況を細かくヒアリングしながら物件を提案してくれたため好感を持てました。

参照元:不動産投資のミカタ https://mikata.top/toushi/companies/2728

青山メインランドの営業の評判

担当者は20代の男性で、身だしなみには清潔感があり、かなりかっこいいスタッフではじめは緊張感がありました。しかし、物腰の柔らかい方でした。 当初は毎日のように電話があったため、当初はやや困惑しましたが、商談では丁寧にヒアリングした上で、私の投資目的に沿う提案をしてくれたため、好印象に変わっていきました。 商談時の質疑応答でも、基本的に丁寧でわかりやすい回答をしてくれ、その場でわからないことも「確認してから後ほどメールします個別に対応して頂きます。」と、ごまかさない姿勢に安心感を覚えました。 無理に購入を勧めるようなこともなく、商談後にもこちらの希望条件に合う物件があれば随時メールで紹介してくれたため、ありがたかったです。

参照元:不動産投資のミカタ https://mikata.top/toushi/companies/2728

セミナースタッフからは今後検討する予定がある物件についての詳細や、投資物件のやり方、やりがいのあるコツを教えていただきました。

物件詳細は、実際にセミナーに参加して話を聞いてみないと分からないので、気になる物件は実際に見させていただきました。

その際も一人一人丁寧に個別で話を聞いていただきました。こちらの話をよく聞いていただきましたので、安心して投資物件を検討する事ができました。笑顔いっぱいな対応でした。

参照元:不動産投資のミカタ https://mikata.top/toushi/companies/2728

青山メインランドの評判まとめ

NewMan+ロゴ

セミナーに関しては、ホームページには記載されていないのですが、参加したという書き込みもあったので、問い合わせしてきた人を集めてやっているのでしょうか?(もしくはメルマガ登録者に案内している?)

当サイトでも2019年1月の「資産運用EXPO」でのセミナーに参加しましたが、持ち帰りできる配布資料もなく、情報統制について徹底している印象でした。

青山メインランドの
管理戸数、入居率、滞納率

入居率が掲載されているページには、計算方法が記載されていませんでした。

参照元:青山メインランド https://www.aml.co.jp/business/#investment(入居率)、https://www.aml.co.jp/highlight#rental-chart(管理戸数)

NewMan+ロゴ

最新情報が2019年2月と、やや古めです。物件供給数、売上高などを1年で更新しているようなので、1年に1度どかっと更新をかけているのかもしれません。

滞納率の記載がないのは、青山メインランドはサブリース契約を推しているからという可能性もあるか?と思うかもしれませんが、実は滞納率は記載している会社のほうが珍しいです。

新築マンション投資
各社の数字まとめを見る

青山メインランドの会社の特徴

設立から30年、着実に
成長を続けている企業

青山メインランドは、1988年の設立から、バブルの崩壊やリーマンショックを乗り越えて成長を続けてきた不動産会社です。厳しい時代も不良在庫を全く持たず、着実に供給戸数を伸ばし続けてきた業績は評価に値するものです。

リスク管理を含めて
中長期運用をサポート

節税のための不動産投資や、目先の数年間の利益のための投資は提案しない、というのがメインランドのポリシー。中長期的な運用を、リスクコントロールも含めてサポートしてくれます。ライフプランのための投資には最適な提案が期待できます。

青山メインランドの物件
「メインステージ」

メインステージの特徴

利用者が多く見込まれるエリアに集中

都内の通勤利便性が高いエリアだけに集中しているのがメインステージの立地の特徴。しかも主要駅から徒歩10分以内、私鉄・地下鉄は駅から5分以内という条件で、利便性を求める入居者のニーズに応える物件が揃っています。

「スタンダード」にこだわった設計

品質が高く、いつまでも受け入れられるスタンダードなデザインがメインステージのコンセプト。デザイナーズマンションは、新築時は訴求力があるものの、時間とともに流行遅れになり、敬遠される恐れがあります。

メインステージの評判

高級感溢れるデザインが多いなか、あえてシンプルなデザインを採用しているところにhorishinは好感が持てます。ワンルームマンションは長期的な資産形成になりますから、一時的でパッと目を引く奇抜なデザインよりもシンプルな方が需要がありますね。

参照元:The Cash Academy https://mansion-academy.com/mainland.html

青山メインランドのマンションを買いましたが、住み心地は決して悪くはないです。営業担当も正直な方が多い。 関連企業の管理会社が、少々経験不足(便りがない?・・・)を感じるところもありますが、 人材補充が必要かも。

参照元:マンションコミュニティ https://www.e-mansion.co.jp/bbs/thread/47430/

メインステージの評判まとめ

NewMan+ロゴ

デザインにもこだわる新築マンション投資の会社が増えている中、青山メインランドはいたってシンプル。その分価格を抑えることを重視しているようです。

2019年12月現在、200棟以上を手掛けており、年間供給戸数は2016年度~2019年度3年連続で1,000戸を超えているのは、さすがの数字!

青山メインランドのセミナー

青山メインランド公式サイトキャプチャ
引用元:青山メインランド公式サイト http://www.aml.co.jp/investment/seminar/

青山メインランドの今後開催されるセミナーに関する情報は記載されていませんでした。

ただし、セミナーの口コミにも掲載した通り、セミナー自体は行なっているようなので、気になる方は問い合わせしてみるといいでしょう。

青山メインランドの自社メディア

青山メインランド公式サイトキャプチャ
引用元:青山メインランド公式サイト http://www.aml.co.jp/company/syoseki/

青山メインランドでは、自社メディアやブログの運営は行なっていないようでした。書籍「クイズで学ぶ資産形成入門 サラリーマンのためのマンション経営一問一答」(福田俊孝)を発行しているので、気になる方は読んでみましょう。

自社メディアは、その会社の方針や特色がわかるので、一度は目を通すことをおすすめしています。

各社の自社メディアをまとめているページもあるので、参考にしてください。

お宝記事も!?
各社の自社メディアまとめ

青山メインランドの会社概要

商号株式会社青山メインランド
所在地〒101-0047 東京都千代田区内神田1丁目7番6号 北大手町ビル
設立昭和63年4月1日
事業内容不動産の企画開発、売買、販売、仲介
不動産資産の運用、管理
クラウドファンディング事業
免許登録宅地建物取引業 [東京都知事(8)第54441号]
       

入居率が高い
新築マンション投資会社3選

プロパティ
エージェント

入居率
99.61
※2021年1月情報
滞納率
0.03
※2021年1月情報
管理戸数
3,043
※2021年1月情報
東証一部上場 フルローン有 確定申告無料

トーシン
パートナーズ

入居率
97.50
※2021年1月情報
滞納率
0.01
※2021年1月情報
管理戸数
9,000
※時期詳細記載なし
東証一部上場 フルローン有 確定申告無料
- - -

クレアスライフ

入居率
99.05
※2020年12月情報
滞納率
記載なし
管理戸数
8,513
※2020年12月情報
東証一部上場 フルローン有 確定申告無料
- - -
       

※入居率算出方法については、各社異なる場合があります。詳しくは直接お問い合わせください。入居率の高さや滞納率の高さは、購入者の利益を保証するものではありません。必ずリスクを加味したうえで、ご自身でご判断ください。