滞納率で選ぶ
マンション投資会社おすすめ3選

マンション投資会社を始めるなら滞納リスクは最小限に抑えたいもの。こちらでは2019~2020年の実績で、滞納率が1%以下の会社を調査!とくに滞納リスクが低いすすめマンション投資会社3選を紹介します。

プロパティエージェント
滞納率0.00%(2020年7月情報)

プロパティエージェントキャプチャ
引用元:プロパティエージェント公式サイト https://www.propertyagent.co.jp/assetlp

プロパティエージェントは東京証券取引所一部の上場を果たしたほどの投資会社であり、不動産投資TimesやTimes Loungeなどのメディアで積極的な情報発信をするほどです。

オーナー様に向けたアフターサービスは非常に充実しています。マンションの住民様から家賃の滞納を毎年1%以下に留めており、2020年7月の時点では0%となっているため、オーナー様の収益に支障が出ることもありません。

オーナー様の収益や自社の信頼のため、毎月の賃貸をきちんと支払わせることに徹底しており、評価は非常に高いです。10万円から始められるほどにハードルが低いため、投資初心者でもおすすめできます。

トーシンパートナーズ
滞納率0.01%(2020年8月情報)

トーシンパートナーズキャプチャ
引用元:トーシンパートナーズ公式サイト http://www.tohshin.co.jp/knowledge/message/

トーシンパートナーズも滞納率は非常に低く、常に1%以下を保ち続けている非常に優秀なマンション投資会社です。

入居率も2019年以降は99%を維持し続けていることはもちろん、滞納率も2020年7月には0%を達成したので優秀な運用実績を誇ります。マンションの資産価値を保つために優れた管理や雲煙を実施しており、建物自体も快適な空間を維持し続けています。

管理組合の運営もサポートやアドバイスも実施しており、オーナー様のアフターフォローも重要視しているため、お客様相談窓口では常に無料相談を行っています。サービスの充実度合いからオーナー様からは高い評価を得ているため、マンション投資にはおすすめできます。

ランドネット
滞納率0.18%(2019年1月情報)

ランドネットキャプチャ
引用元:ランドネット公式サイト https://landnet.co.jp/

ランドネットでは不動産投資に必要な数多くのサポートを実施しており、物件探しはもちろんのこと不動産投資のセミナーや無料相談会を積極的に開いています。また、メディア掲載も行っているため、情報も集めやすいです。

滞納率も1%に満たない程に低く、オーナー様からも非常に高い評価を集めています。そのサービスの充実ぶりから投資業界でも注目されており、資産作りに必要な適切なアドバイスを続けています。

マンションの入居者様も満足できる環境を提供し続けているため、家賃が滞納されることがほとんどなく、多くの入居者からランドネットは信頼されています。

総合力が高い
おすすめマンション投資会社はこちら

       

入居率が高い
新築マンション投資会社3選

プロパティ
エージェント

入居率
99.61
※2021年1月情報
滞納率
0.03
※2021年1月情報
管理戸数
3,043
※2021年1月情報
東証一部上場 フルローン有 確定申告無料

トーシン
パートナーズ

入居率
97.50
※2021年1月情報
滞納率
0.01
※2021年1月情報
管理戸数
9,000
※時期詳細記載なし
東証一部上場 フルローン有 確定申告無料
- - -

クレアスライフ

入居率
99.05
※2020年12月情報
滞納率
記載なし
管理戸数
8,513
※2020年12月情報
東証一部上場 フルローン有 確定申告無料
- - -
       

※入居率算出方法については、各社異なる場合があります。詳しくは直接お問い合わせください。入居率の高さや滞納率の高さは、購入者の利益を保証するものではありません。必ずリスクを加味したうえで、ご自身でご判断ください。