フルローンの実績で選ぶマンション投資会社おすすめ4選

借入金のみの購入をフルローン投資と呼び、不動産の場合はリスクは高くなっています。もし、フルローンを考えているのであれば、実績が高く、信頼できる投資会社選びは必須です。

ここでは、フルローンのマンション投資の実績が豊富な不動産会社を紹介しています。

プロパティエージェント

プロパティエージェントキャプチャ
引用元:プロパティエージェント公式サイト https://www.propertyagent.co.jp/assetlp

プロパティエージェント株式会社は頭金10万円からフルローンを始めることができ、入居率が99.5%となるマンションのみを投資対象として厳選しているため、多くの物件で4%以上の利回りを期待することができます。

プロパティエージェントは3年連続顧客満足度No.1を維持し続けており、2018年7月には東京証券取引所一部に上場したほどの信頼を得ています。もちろん、アフターフォローも充実しており、売却や物件管理のサポートも充実しています。

そして税理士にも無料相談が行えるため、徹底したサポートが魅力とされています。途中、想定外の出来事が起きても迅速なリカバリーも可能です。

シノケンハーモニー

シノケンハーモニーキャプチャ
引用元:シノケンハーモニー公式サイト https://www.shinoken.co.jp/

不動産投資において頭金を用意する人が多く、そして提携する金融機関が多い会社を選ぶことが望ましいです。シノケンハーモニーは提携金融機関やネットワークが充実しており、実績次第では頭金無料からでも投資を始められます。

利回りの高さはもちろん、物件の劣化や周囲の環境変化にも注意しているため、オーナーに向けたリスクをとことん下げてくれます。ただし、金融機関の審査も厳しいため、オーナー自身も厳選していることを念頭に置くといいでしょう。

オーナーとの相互関係を維持するため、相応が質の高い投資を続けていける工夫をしている投資会社がシノケンハーモニーになります。

GAテクノロジーズ

GAテクノロジーズキャプチャ
引用元:GAテクノロジーズ公式サイト  https://www.ga-tech.co.jp/

GAテクノロジーは仲介手数料が無料となっており、更には貯金や頭金がゼロからのフルローンで始められます。

不動産投資は生涯をかけて資産運用を行う必要があり、20代からの若手からでも始められるよう、参入のハードルを下げています。そして東京や大阪の2大主要都市の中古マンションのみを取り扱っており、需要の高い魅力的な物件で資産運用が可能です。

主要都市は人口増加も期待することができ、またワンルームマンションにも規制がかかっている理由で、今後の供給が一気に増えることもありません。そして中古だからこそ価格下落率も低く、売却における損害も抑えることができます。

人気の高いエリアで優れた物件を長期的に扱えるため、GAテクノロジーは投資会社として支持されています。

日本ヴェルテック

日本ヴェルテックキャプチャ
引用元:日本ヴェルテック公式サイト  http://www.vertex-j.com/

日本ヴェルテックは現役サラリーマンがローンで購入しやすいよう、フルローンも実施しています。定年退職後の不労所得が得られやすい価格設計を行っており、また不動産をローンで購入することで将来的なインフレからの価格高騰にも期待できます。

東京はもちろん、大阪や京都の物件にも日本ヴェルテックは注目しており、万博や五輪などの大イベントによる人口増加も視野に入れた経営も行っています。オーナーのご要望を元にして、将来的の出来事を想定しながらシミュレーションを立てて利益を予測し、そして損害が出た時のサポートも用意してくれます。

オーナーが成功できるように、将来の資産をきちんと残せる適切なプランを組み立ててくれることが日本ヴェルテックの特徴です。

総合力が高い
おすすめマンション投資会社はこちら

       

入居率が高い
新築マンション投資会社3選

プロパティ
エージェント

入居率
99.61
※2021年1月情報
滞納率
0.03
※2021年1月情報
管理戸数
3,043
※2021年1月情報
東証一部上場 フルローン有 確定申告無料

トーシン
パートナーズ

入居率
97.50
※2021年1月情報
滞納率
0.01
※2021年1月情報
管理戸数
9,000
※時期詳細記載なし
東証一部上場 フルローン有 確定申告無料
- - -

クレアスライフ

入居率
99.05
※2020年12月情報
滞納率
記載なし
管理戸数
8,513
※2020年12月情報
東証一部上場 フルローン有 確定申告無料
- - -
       

※入居率算出方法については、各社異なる場合があります。詳しくは直接お問い合わせください。入居率の高さや滞納率の高さは、購入者の利益を保証するものではありません。必ずリスクを加味したうえで、ご自身でご判断ください。